【ゴルフ】腰をもっとまわせ!!に要注意

ゴルフ

福岡県久留米市の飛距離・ヘッドスピードアップ専門ジムです!

 

「腰をもっとまわせ!」

ゴルフをやっていれば、よく耳にするアドバイスです。

 

しかし、その

「腰をもっとまわせ!」

というアドバイスには注意が必要です。

 

【そもそも腰はまわらない】

まずは、体の構造について

背骨(脊柱)は、上から頸椎、胸椎、腰椎。

そして、骨盤・股関節。

 

頸椎=スタビリティ関節

胸椎=モビリティ関節

腰椎=スタビリティ関節

 

スタビリティ関節・モビリティ関節とはなにか?

簡単に言うと、

・スタビリティ関節=大きな動きに適していない

・モビリティ関節=大きな動きに適している

 

みなさんが腰と言っているのは、腰椎のことです。

その腰椎というのは大きな動きに適している場所ではありません。

骨盤を動かないように固定して、腰を動かしてみてください。

ほとんど動かすことができないのがわかると思います。

 

腰をまわせ!と言われ、頑張って腰椎で体を捻ろうとすると、

動かない関節である腰椎に大きな負荷がかかってしまいます。

そうすると腰痛やぎっくり腰。

ひどい場合には、腰椎ヘルニアなどになってしまう可能性もあります。

 

 

【腰をまわせと言われたらどうすればよいのか?】

では、腰をまわせ!と言われたらどうすればよいのか?

 

それは、動くところを動かせば良いのです!

動く場所というのは、胸椎股関節です。

股関節も大きな動きに適しているモビリティ関節です。

 

腰椎は安定させ、

胸椎と股関節を使って体を捻ります。

胸椎と股関節を正しく動かせるようになると、

腰にかかる負担が減り、可動域も大きくなり、力強いスイングができるようになります。

 

 

【まとめ】

動かない関節の腰椎で無理して体をまわそうとすると、

ケガや腰の痛みの原因となります。

 

腰をまわせ!は腰をまわすのではなく、胸椎・股関節をしっかり動かすことです。

 

正しい体の動かし方を学んで、ケガや痛みがない状態でプレーできるようにしましょう!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました