筋トレをやらなくてもゴルフは上達するけど、筋トレをやらない理由にはならない

ゴルフ

久留米市のパーソナルトレーニングジムAcegymです!

 

ゴルフの上達に筋トレはいらない?

ゴルフのパフォーマンス(飛距離やスイングスピードなど)をアップさせたい方には筋トレすることをオススメしています。

ですが、筋トレするべきと言うと、

「ゴルフに筋トレは必要ない。」

「筋トレするならゴルフの練習をするよ。」

「筋トレすると動きが遅くなって逆効果になる。」

と思われる方もいるのではないでしょうか?

 

筋トレをしなくてもゴルフは上達すると思います。

ですが、ゴルフの練習だけでなく、”ゴルフの練習+筋トレ”を行うことでいくつものプラスの効果があり相乗効果でゴルフのパフォーマンスが上がります。

今日はゴルフをやる人が”筋トレを行うべき理由”について書いていきます。

 

ゴルフパフォーマンスをアップさせたい人が筋トレをやるべき理由

①スイングする力がアップする

筋肉量が増えることでスイングする力がアップします。

スイングスピードがアップすれば飛距離も伸びます。

同じ技術なら単純にスイングする力があるほうが飛ばせるのは当たり前ですよね!

 

②効率的な体の使い方ができるようになる

筋トレを正しく行うには、筋肉や関節を正しく動かすことが重要です。

身体の動きが良くなるので、効率的な動きでスイングすることができるようになります。

効率的なスイングができるようになることで、力いっぱい振らなくても飛距離が伸びるので、コントロールしながら余裕をもってスイングすることができます。

スイングの確実性が上がり、ミート率などもアップすることができます。

力いっぱいスイングしない分、疲れも軽減するのでラウンド終盤でも集中力を持続することができます。

 

ケガや身体の不調(腰痛やゴルフ肘など)の予防になる

筋トレにはケガを予防する効果があります。

①や②にも関連しますが、身体の動きが良くなることで、効率的にスイングできようになり身体にかかる負担が減ります。

ゴルフ後の腰痛やゴルフ肘などで悩んでいる方は不調の予防や改善などが期待できます。

ケガや身体の不調がある状態では、プレーすることも上達するための練習をすることもできません。

常に良い状態でプレー・練習できる身体の状態でいることがゴルフのパフォーマンスをアップさせる秘訣です。

 

3つのオススメする理由を書きました。

この後に書いていきますが、筋トレをゴルフに活かすためには注意することがあります。

筋トレを頑張ったのに、ゴルフが上達しなかった人は心当たりがあるかもしれません。

 

筋トレで効果が出なかった人の原因は?筋トレする際の注意点

筋トレを行っても効果を感じることができなかった人は、

①トレーニングフォームが悪い

②鍛えるべき筋肉を鍛えていない

③トレーニングプログラムに問題がある

などの理由が考えられます。

筋肉を大きくすることも大切ですが、大事なのは筋肉を大きくすることではなく、爆発的な力が発揮できるようになることです。

筋肉を大きくしても動きが遅くなってしまっては、ゴルフに活かすことができません。

筋トレを行う目的は、ゴルフに活かせる身体作りをすること。

ゴルフに必要な筋肉を適切な負荷や回数で鍛えることが大切です。

 

自己流ではなくプロに学ぶ

筋トレをゴルフに活かすためには、

”ただがむしゃらに努力をするのではなく、正しい方法で努力すること”

が大切です。

正しいフォームや適切なプログラムなどで筋トレを行うことが重要です。

 

”ゴルフの練習+筋トレ”が相乗効果でゴルフが上達するいちばんの方法だと考えています。

フォームはフォームを教えるレッスンプロやティーチングプロに。

筋トレはゴルフのための指導をできるトレーナーに。

自己流でがむしゃらに行うのではなく、プロに指導してもらい、最短で最善の結果を出せるようにしましょう!

 

ゴルフのための筋トレ指導はお任せください♪

まずは体験トレーニングで効果を感じてみてください!

体験トレーニング

関連記事

特集記事

TOP